モノ・つなぐ市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モノ・つなぐ市」出展について

現在、輪粉で月1回開催している「モノ・つなぐ市」の出展についてですが、
今回、新たな条件をひとつ加えました。

*1ブース、出展作家さんは2名までとさせていただきます。

今回、加えたのは、
多数の作家さんで1ブースを・・・というお問い合わせをいただいたのがきっかけです。

「モノ・つなぐ市」を始めるにあたって、
私としては、そういう形を想定していませんでした。
ユニットさん(お二人)で活動されている作家さんは、出展していただいていますが、
それは、それぞれが自分の作品を作って一緒に出す。ということではなく、
ユニットとして、確立したスタイルの中で一緒に作品を作られているからです。
ひとつの作品の中で、作業を分担するとか。

ですが、新座近郊で開催されている手づくり市等では、いろんな作家さんが集まって1ブースをというのは、
確かによく見られる光景ではあり・・・。

今後も、このような対応をすることがあることを踏まえて、今回、
出展詳細にくわえさせていただきました。

「モノ・つなぐ市」は、作品を通して、人の繋がりを大事にしたいという思いで始まっています。
自分で作ったものを自分の手と言葉で、相手に伝える。
そこを一番大切にしています。
作家さん自身も、自分で一生懸命作り上げたものは、自分で最後まで見届けたいと思うと思いますし、
モノを売るということは、楽しいということだけではなく、最後まで責任をもって対応することだと思うのです。
(休憩でちょこっと席をはずすのは、構いませんが)

そこを大事にしたいと考えると、
輪粉の「モノ・つなぐ市」では、みんなでブースをシェアするという形はお受けしない方向で対応させていただくことにしました。
広さ的にも、みんなが1ブースに立つのは、不可能でありまして。
また、他の作家さんの作品を一緒に並べるのも、お断りさせていただきます。(コラボ作品は可)

もちろん、みんなで・・・というのが、よくないと言っているわけではありません。
輪粉の「モノ・つなぐ市」の位置づけには合わないということです。

これから出展をしてみようかなと、お考えの作家の皆様、
この点も含めて、ご検討いただけたらと思います。
どうぞよろしくお願い致します。


関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。